高温でのコテやアイロンはやめてきましょ。

こんにちはリコの安藤です。
お客様に「何度でコテとかアイロンしてますか?」
って聞くと結構な割合で
 

「うーん180度くらいかなぁ。」

「温度とか設定できないよ。」

「200度!!」

 

などこんな答えをいただきます。

でもそれって実は結構怖いんですよ。

 

そもそもコテやアイロンを使った時に髪の中で起こってる事
髪は主にタンパク質からできていて
例えでよく使われるのですが
卵の白身も主にタンパク質からできていて
熱を加えると白身も白くなって固まってしまいますよね。
それと同じような事が、
熱を過度に加えてしまうと
髪の毛の中のタンパク質が熱変性を起こしてしまいます。
そうなると内部の水分も飛んでしまい
後に髪にとってとても大きなダメージに繋がってしまいます。。。
そして忘れていけないのが
コテやアイロンなど髪の中の水分が残っている状態で
高温の熱を加えてしまうと
ぱちぱちと水分が飛んでいるような
音聞いた事ありませんか?
その正体は

髪の中で水蒸気爆発が起こってます。

これが怖いんです。
髪内部の組織も破壊してしまうのです。
必ず髪はしっかりと乾かしてから
コテ、アイロンをしましょう。
そしてもちろん洗い流さないトリートメントもお忘れなく。
最後にストレートアイロンなどで
過度に力をいれて引っ張らないよう
そしてプレスし過ぎないように気をつけて下さいね。

髪に優しく。

髪は正直ですよ。

 

 

 

Lico HAIR&RELAXATION 稲沢本店

稲沢市奥田町三十番神7124-1

営業時間

平日AM9:30~PM19:00

土日、祝AM10:00~PM18:00

0587-81-6213

定休日 毎週月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市栄のサロンで勤務後、現在は2011年からトータルビューティーサロンLICO稲沢本店の店長として、より多くの地域の方のキレイのお手伝いをさせていただく為に日々奮闘中。おさまりのいいカット、スタイルが崩れにくいカット提供します。